スポンサーリンク

【速報】GT ワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山 予選2・レース2

モータースポーツ

2023-08-20

今回は、GTワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山国際サーキットの模様をお伝えします。速報のため最終結果は変わる場合があります。

GT3 予選2

GT3には31台が出走した。グレードの高いドライバーがアタックを行い、レース2のスタートドライバーとなります。(プロ)

1 911 GT3 AAS Motorsport by Absolute Racing Vutthikorn INTHRAPHUVASAK, Alessio PICARIELLO Porsche 911 GT3 R (992) 1:28.407 7
2 555 GT3 Maezawa Racing Piti BHIROMBHAKDI, Naoki YOKOMIZO Ferrari 488 GT3 Evo 1:28.676 8 0.269 0.269
3 22 GT3 KCMG Paul Kung Ching IP, Edoardo LIBERATI Honda NSX GT3 EVO 1:28.780 8 0.373 0.104
4 72 GT3 HUBAUTO RACING Morris CHEN, Alvaro PARENTE Porsche 911 GT3 R (992) 1:28.789 8 0.382 0.009
5 85 GT3 Craft-Bamboo Racing Jeffrey LEE, Maximilian GOETZ Mercedes-AMG GT3 EVO 1:28.825 9 0.418 0.036
6 87 GT3 R&B Racing Bo YUAN, Leo Hongli YE Porsche 911 GT3 R (992) 1:28.835 7 0.428 0.010
7 11 GT3 Audi Sport Asia Team Absolute Andrew HARYANTO, James Kuai YU Audi R8 LMS GT3 EVO II 1:28.907 9 0.500 0.072
8 1 GT3 CarGuy Racing Takeshi KIMURA, Kei COZZOLINO Ferrari 296 GT3 1:28.948 6 0.541 0.041
9 88 GT3 Triple Eight JMR H.H.Prince Abu Bakar IBRAHIM, Mikael GRENIER Mercedes-AMG GT3 EVO 1:28.956 7 0.549 0.008
10 47 GT3 D’station Racing Satoshi HOSHINO, Tomonobu FUJII Aston Martin Vantage AMR GT3 1:28.959 8 0.552 0.003

GT3 レース2

レース2はプロドライバーでスタートした。ホールショットは911 ポルシェ、続いて555 フェラーリはチームマエザワ。序盤FCYはあったものの落ち着いた展開で続く。残り35分でピットウィンドウオープン、ここではプロができるだけコースに留まり、遅めに入りたい。中段走行のマシンは混雑を避けるために早めに入るチームもある。残り25分でピットクローズになり、555 フェラーリがトップに立つ。前半トップの911 ポルシェはレース1上位のため、サクセスタイム加算で後退する。2位に85 AMG、3位に88 AMGとなる。後半のアマドライバーはドライバーの技量の差が大きく、順位を大きく上げたマシン、大きく下がったマシンもいる。1度FCVが出るも555 フェラーリが逃げ切って優勝。

1 555 GT3 Maezawa Racing Piti BHIROMBHAKDI, Naoki YOKOMIZO Ferrari 488 GT3 Evo 1:01:31.571 37
2 911 GT3 AAS Motorsport by Absolute Racing Vutthikorn INTHRAPHUVASAK, Alessio PICARIELLO Porsche 911 GT3 R (992) 1:01:34.097 37 2.526 2.526
3 4 GT3 R&B Racing Wei LU, Patrick PILET Porsche 911 GT3 R (992) 1:01:38.679 37 7.108 4.582
4 37 GT3 Craft-Bamboo Racing Anthony Xu LIU, Daniel JUNCADELLA Mercedes-AMG GT3 EVO 1:01:56.869 37 25.298 18.190
5 992 GT3 Absolute Racing Jinlong BAO, Matteo CAIROLI Porsche 911 GT3 R (992) 1:01:58.996 37 27.425 2.127
6 22 GT3 KCMG Paul Kung Ching IP, Edoardo LIBERATI Honda NSX GT3 EVO 1:02:00.150 37 28.579 1.154
7 72 GT3 HUBAUTO RACING Morris CHEN, Alvaro PARENTE Porsche 911 GT3 R (992) 1:02:01.564 37 29.993 1.414
8 5 GT3 PLUS with BMW M Team Studie Tomohide YAMAGUCHI, Seiji ARA BMW M4 GT3 1:02:03.672 37 32.101 2.108
9 2 GT3 Climax Racing Bihuang ZHOU, Dennis LIND Mercedes-AMG GT3 EVO 1:02:06.037 37 34.466 2.365
10 85 GT3 Craft-Bamboo Racing Jeffrey LEE, Maximilian GOETZ Mercedes-AMG GT3 EVO 1:02:11.627 37 40.056 5.590

GT4 予選2

1 71 GT4 Akiland Racing Masayoshi OYAMA, Ryohei SAKAGUCHI Toyota GR Supra GT4 1:36.090 8
2 39 GT4 Toyota Gazoo Racing Indonesia Haridarma MANOPPO, Seita NONAKA Toyota GR Supra GT4 1:36.126 8 0.036 0.036
3 27 GT4 CREF Motor Sport Yuko SUZUKI, Masataka INOUE McLaren Artura GT4 1:36.766 7 0.676 0.640
4 83 GT4 Comet Racing Risa OGUSHI, Kazuki OKI Mercedes-AMG GT4 1:37.142 6 1.052 0.376
5 50 GT4 YZ RACING with BMW M Team Studie Masaki KANO, Manabu ORIDO BMW M4 GT4 G82 1:37.164 5 1.074 0.022
6 718 GT4 Checkshop Caymania Racing Sho KOBAYASHI, Naohiko OTSUKA Porsche Cayman 718 GT4 RS Clubsport 1:37.494 7 1.404 0.330
7 48 GT4 D’Station Racing Tatsuya HOSHINO, Kenji HAMA Aston Martin Vantage AMR GT4 1:37.755 5 1.665 0.261

GT4 レース2

GT4もプロドライバーがスタートを担当する。レース1で最後に失速した50 BMWは5番手スタート。50 BMWが少しずつ順位を上げてくる。ピットウィンドウがオープン。レース1上位3台はサクセスタイムがピット義務タイムに加算され、これでピットおよびアマドライバーに交代後に50BMWがトップに立った。レース1で50 BMWが大きくリードを築いたが、同じ展開になる。50 BMWがレース2はしっかり走り切り優勝。

1 50 GT4 YZ RACING with BMW M Team Studie Masaki KANO, Manabu ORIDO BMW M4 GT4 G82 1:01:14.743 36
2 39 GT4 Toyota Gazoo Racing Indonesia Haridarma MANOPPO, Seita NONAKA Toyota GR Supra GT4 1:01:58.684 36 43.941 43.941
3 48 GT4 D’Station Racing Tatsuya HOSHINO, Kenji HAMA Aston Martin Vantage AMR GT4 1:02:05.879 36 51.136 7.195
4 71 GT4 Akiland Racing Masayoshi OYAMA, Ryohei SAKAGUCHI Toyota GR Supra GT4 1:02:06.833 36 52.090 0.954
5 718 GT4 Checkshop Caymania Racing Sho KOBAYASHI, Naohiko OTSUKA Porsche Cayman 718 GT4 RS Clubsport 1:01:33.093 35 1 Lap 1 Lap
6 83 GT4 Comet Racing Risa OGUSHI, Kazuki OKI Mercedes-AMG GT4 1:02:38.559 35 1 Lap 1:05.466
NC 27 GT4 CREF Motor Sport Yuko SUZUKI, Masataka INOUE McLaren Artura GT4 26:25.599 16 20 Laps 19 Laps

まとめ

今回は、GTワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山国際サーキット、レース2の模様をお伝えしました。これで日本ラウンドは終わり、マレーシアの最終戦に向かいます。最後までフォローしていきたいと思います。ここまでお付き合いありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

参考 GTワールドチャレンジアジア公式ホームページ

広告



【中古車買取カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

・来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
店舗に持ち込んでの査定や、ご自宅に伺っての実車査定などは一切ございません。
大きな相違がなければ減額ナシ!

・一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
一括査定では複数業者から大量の営業電話がありますが、そのような心配もありません!

・どんな車も高価買取
10年以上前のお車や、走行距離が10万キロを超えるお車も大歓迎!
様々な販路を有しているため、高価買取が可能です。

・全国どこでも引取り、手続き無料!
全国対応でレッカーなどの引取りは無料です。その後の面倒な手続きの代行も全て無料。
お客様にかかる費用は一切ございません。

・還付金が受け取れます!
自動車税の還付手続きも無料で代行。後日お車の代金とは別に自動車税の還付金を受け取れます。
(※普通車のみ)

電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

コメント

タイトルとURLをコピーしました