スポンサーリンク

【速報】GT ワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山 予選1・レース1

モータースポーツ

2023-08-19

今回は、GTワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山国際サーキットの模様をお伝えします。速報のため最終結果は変わる場合があります。

GT3 予選1

グレードの低いドライバーがアタックを行い、レース1のスタートドライバーとなります。(アマ)

1 911 GT3 AAS Motorsport by Absolute Racing Vutthikorn INTHRAPHUVASAK, Alessio PICARIELLO Porsche 911 GT3 R (992) 1:29.736 10
2 37 GT3 Craft-Bamboo Racing Anthony Xu LIU, Daniel JUNCADELLA Mercedes-AMG GT3 EVO 1:29.743 7 0.007 0.007
3 4 GT3 R&B Racing Wei LU, Patrick PILET Porsche 911 GT3 R (992) 1:29.957 9 0.221 0.214
4 500 GT3 TEAM 5ZIGEN HIROBON, Shintaro KAWABATA Nissan GT-R NISMO GT3 1:30.139 10 0.403 0.182
5 19 GT3 The Spirit Of FFF Racing Hiroshi HAMAGUCHI, Mineki OKURA Lamborghini Huracan GT3 EVO 1:30.204 9 0.468 0.065
6 18 GT3 Porsche Center Okazaki Hiroaki NAGAI, Yuta KAMIMURA Porsche 911 GT3 R (992) 1:30.217 10 0.481 0.013
7 87 GT3 R&B Racing Bo YUAN, Leo Hongli YE Porsche 911 GT3 R (992) 1:30.316 10 0.580 0.099
8 11 GT3 Audi Sport Asia Team Absolute Andrew HARYANTO, James Kuai YU Audi R8 LMS GT3 EVO II 1:30.381 10 0.645 0.065
9 88 GT3 Triple Eight JMR H.H.Prince Abu Bakar IBRAHIM, Mikael GRENIER Mercedes-AMG GT3 EVO 1:30.599 10 0.863 0.218
10 47 GT3 D’station Racing Satoshi HOSHINO, Tomonobu FUJII Aston Martin Vantage AMR GT3 1:30.711 8 0.975 0.112

GT3 レース1

スタートで接触、クラッシュがありSCになる。数周後レッドフラッグとなり中断となる。約30分後にレース再開され、各車白熱のバトルとなる。やや挙動が不安定なのがみられるのが前半のドライバー。残り42分で再びクラッシュがありFCVになる。レースが再開されるとすぐピットオープン。際どいタイミングだが、すぐにドライバー交換するのが有利か?。(アマ→プロ)全車がピット作業を終えるとトップ争いは37 AMGと911 ポルシェが激しいバトルを展開する。終盤は順位の変動がほとんどなく、37 AMGが優勝。

1 37 GT3 Craft-Bamboo Racing Anthony Xu LIU, Daniel JUNCADELLA Mercedes-AMG GT3 EVO 1:30:06.971 35
2 911 GT3 AAS Motorsport by Absolute Racing Vutthikorn INTHRAPHUVASAK, Alessio PICARIELLO Porsche 911 GT3 R (992) 1:30:08.566 35 1.595 1.595
3 500 GT3 TEAM 5ZIGEN HIROBON, Shintaro KAWABATA Nissan GT-R NISMO GT3 1:30:27.805 35 20.834 19.239
4 88 GT3 Triple Eight JMR H.H.Prince Abu Bakar IBRAHIM, Mikael GRENIER Mercedes-AMG GT3 EVO 1:30:30.398 35 23.427 2.593
5 11 GT3 Audi Sport Asia Team Absolute Andrew HARYANTO, James Kuai YU Audi R8 LMS GT3 EVO II 1:30:30.994 35 24.023 0.596
6 1 GT3 CarGuy Racing Takeshi KIMURA, Kei COZZOLINO Ferrari 296 GT3 1:30:32.176 35 25.205 1.182
7 14 GT3 HUBAUTO RACING WITH GTO Brian LEE, Hideto YASUOKA Porsche 911 GT3 R (992) 1:30:34.835 35 27.864 2.659
8 18 GT3 Porsche Center Okazaki Hiroaki NAGAI, Yuta KAMIMURA Porsche 911 GT3 R (992) 1:30:35.503 35 28.532 0.668
9 13 GT3 Audi Sport Asia Team Absolute Jingzu SUN, Franky Congfu CHENG Audi R8 LMS GT3 EVO II 1:30:35.856 35 28.885 0.353
10 4 GT3 R&B Racing Wei LU, Patrick PILET Porsche 911 GT3 R (992) 1:30:36.186 35 29.215 0.330

 

GT4 JAPAN 予選1

GT4は今回は、7台がエントリー。より市販車に近いフォルムになります。

1 718 GT4 Checkshop Caymania Racing Sho KOBAYASHI, Naohiko OTSUKA Porsche Cayman 718 GT4 RS Clubsport 1:37.460 5
2 50 GT4 YZ RACING with BMW M Team Studie Masaki KANO, Manabu ORIDO BMW M4 GT4 G82 1:37.818 6 0.358 0.358
3 48 GT4 D’Station Racing Tatsuya HOSHINO, Kenji HAMA Aston Martin Vantage AMR GT4 1:37.848 6 0.388 0.030
4 39 GT4 Toyota Gazoo Racing Indonesia Haridarma MANOPPO, Seita NONAKA Toyota GR Supra GT4 1:37.868 8 0.408 0.020
5 71 GT4 Akiland Racing Masayoshi OYAMA, Ryohei SAKAGUCHI Toyota GR Supra GT4 1:38.800 5 1.340 0.932
6 27 GT4 CREF Motor Sport Yuko SUZUKI, Masataka INOUE McLaren Artura GT4 1:39.355 6 1.895 0.555
7 83 GT4 Comet Racing Risa OGUSHI, Kazuki OKI Mercedes-AMG GT4 1:47.413 8 9.953 8.058

GT4 JAPAN レース1

今回は、GT4が別走となります。このクラスの参加が増えるといいですね。ポールからスタートした50 BMWが、ピットストップまでに大きなリードを作り、その後も大量リードを築いていたがファイナルラップの最終コーナーで失速。39 スープラが優勝。

 

1 39 GT4 Toyota Gazoo Racing Indonesia Haridarma MANOPPO, Seita NONAKA Toyota GR Supra GT4 1:00:24.870 35
2 71 GT4 Akiland Racing Masayoshi OYAMA, Ryohei SAKAGUCHI Toyota GR Supra GT4 1:00:52.816 35 27.946 27.946
3 27 GT4 CREF Motor Sport Yuko SUZUKI, Masataka INOUE McLaren Artura GT4 1:01:02.351 35 37.481 9.535
4 718 GT4 Checkshop Caymania Racing Sho KOBAYASHI, Naohiko OTSUKA Porsche Cayman 718 GT4 RS Clubsport 1:01:20.506 35 55.636 18.155
5 48 GT4 D’Station Racing Tatsuya HOSHINO, Kenji HAMA Aston Martin Vantage AMR GT4 1:01:21.666 35 56.796 1.160
6 50 GT4 YZ RACING with BMW M Team Studie Masaki KANO, Manabu ORIDO BMW M4 GT4 G82 58:12.820 34 1 Lap 1 Lap
7 83 GT4 Comet Racing Risa OGUSHI, Kazuki OKI Mercedes-AMG GT4 1:01:05.637 34 1 Lap 2:52.817

まとめ

今回は、GTワールドチャレンジアジア 第5ラウンド 岡山国際サーキットレース1の模様をお伝えしました。明日はレース2の模様をお伝えします。

参考 GTワールドチャレンジアジア公式ホームページ

広告



【中古車買取カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

・来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!
店舗に持ち込んでの査定や、ご自宅に伺っての実車査定などは一切ございません。
大きな相違がなければ減額ナシ!

・一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!
一括査定では複数業者から大量の営業電話がありますが、そのような心配もありません!

・どんな車も高価買取
10年以上前のお車や、走行距離が10万キロを超えるお車も大歓迎!
様々な販路を有しているため、高価買取が可能です。

・全国どこでも引取り、手続き無料!
全国対応でレッカーなどの引取りは無料です。その後の面倒な手続きの代行も全て無料。
お客様にかかる費用は一切ございません。

・還付金が受け取れます!
自動車税の還付手続きも無料で代行。後日お車の代金とは別に自動車税の還付金を受け取れます。
(※普通車のみ)

電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

コメント

タイトルとURLをコピーしました