スポンサーリンク

【正式結果】SUPER GT 第4戦 富士 450km 波乱のレースをおさらい

モータースポーツ

2023-08-09

今回は、SUPER GT 第4戦 富士 450km の正式結果と波乱のレースを振り返っていきます。

*暫定結果から変更があります。
GT500 16号車・100号車にピット作業違反のペナルティがありました。それぞれフィニッシュタイムに40秒加算。
GT300 60号車に接触ペナルティがありました。フィニッシュタイムに40秒加算

正式結果とレース展開

GT500

NO Machine Driver Tire SW Time Laps
1 3 Niterra MOTUL Z 千代勝正/高星明誠 MI 58kg 3h45’06.900 100
2 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/太田格之進 DL 2kg 1’04.435 100
3 16 ARTA MUGEN NSX-GT 福住仁嶺/大津弘樹 BS 10kg 1’25.244 100
4 36 au TOM’S GR Supra 坪井翔 /宮田莉朋 BS 72kg 1’38.946 100
5 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路/石浦宏明 BS 14kg 1’41.152 100
6 100 STANLEY NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 BS 44kg 1’44.280 100
7 17 Astemo NSX-GT 塚越広大/松下信治 BS 34kg 1Lap 99
8 37 Deloitte TOM’S GR Supra 笹原右京/G.アレジ BS 10kg 1Lap 99
9 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛/中山雄一 BS 12kg 1Lap 99
10 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹/平手晃平 YH 6kg 1Lap 99
11 14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也/山下健太 BS 42kg 1Lap 99
12 19 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資/阪口晴南 YH 44kg 1Lap 99
13 23 MOTUL AUTECH Z 松田次生/R.クインタレッリ MI 50kg 1Lap 99
14 8 ARTA MUGEN NSX-GT 野尻智紀/大湯都史樹/木村偉織 BS 22kg 1Lap 99
15 1 MARELLI IMPUL Z 平峰一貴/B.バゲット BS 36kg 1Lap 99


正式結果で2位になった64号車モデユーロNSX。DLタイヤで久々の上位入賞。

レースのおさらい

ウェット路面でSCからスタートする。路面が乾き始め、13周目に14号車エネオススープラがピットインしドライタイヤへ交換するとその後他車もピットインしていく。全車が1回目のピットインを終えると14号車はトップを快走する。レース中盤は、に各車2回目のピット作業を終えると14号車エネオススープラ-39号車デンソースープラ-17号車アステモNSX-3号車ニテラZ-16号車ARTA NSXの順となるが、14号車は1回目のピットで給油しておらず、あと1回給油が必要となり、厳しい状況になる。66周目に25号車の火災でレースが中断になると天候は雷雨に。再開時にレインタイヤに交換することが認められレースが再開されると、抜群のスピードを発揮した3号車ニテラZが優勝し、NSX勢が上位に進出した。

GT300

NO Machine Driver Tire SW Time Laps
1 11 GAINER TANAX GT-R 富田竜一郎/石川京侍/塩津佑介 DL 18kg 3h45’08.233 93
2 7 Studie BMW M4 荒聖治/柳田真孝 MI 75kg 7.904 93
3 6 DOBOT Audi R8 LMS 片山義章/R.メリ/神晴也 YH 12kg 8.292 93
4 56 リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R J-P.デ・オリベイラ/名取鉄平 YH 90kg 14.194 93
5 31 apr LC500h GT 嵯峨宏紀/小高一斗/根本悠生 BS 9kg 20.912 93
6 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 DL 18kg 21.414 93
7 10 PONOS GAINER GT-R 安田裕信/大草りき DL 27kg 27.587 93
8 88 JLOC ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥 YH 15kg 28.684 93
9 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田広樹/川合孝汰 BS 84kg 50.168 93
10 60 Syntium LMcorsa GR Supra GT 吉本大樹/河野駿佑 DL 21kg 50.802 93
11 2 muta Racing GR86 GT 堤優威/平良響/加藤寛規 BS 90kg 51.013 93
12 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 YH 6kg 54.447 93
13 30 apr GR86 GT 永井宏明/織戸学/小河諒 YH 6kg 66.991 93
14 360 RUNUP RIVAUX GT-R 青木孝行/田中篤/大滝拓也 YH 0kg 96.59 93
15 20 シェイドレーシング GR86 GT 平中克幸/清水英志郎/山田真之亮 DL 3kg 99.097 93
16 87 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3 松浦孝亮/坂口夏月 YH 12kg 1Lap 92
17 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/小出峻 YH 60kg 1Lap 92
18 5 マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号 冨林勇佑/松井孝允 YH 0kg 1Lap 92
19 50 ANEST IWATA Racing RC F GT3 I.フラガ/古谷悠河/小山美姫 YH 0kg 1Lap 92
20 27 Yogibo NSX GT3 岩澤優吾/伊東黎明 YH 24kg 2Laps 91
21 48 植毛ケーズフロンティア GT-R 井田太陽/眞田拓海 YH 0kg 2Laps 91
22 9 PACIFIC ぶいすぽっ NAC AMG 阪口良平/L.ジャトン/川端伸太朗 YH 0kg 2Laps 91
23 96 K-tunes RC F GT3 新田守男/高木真一 DL 6kg 4Laps 89
24 22 アールキューズ AMG GT3 和田久/城内政樹/加納政樹 YH 0kg 5Laps 88
25 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/篠原拓朗 BS 72kg 27laps 66
25 HOPPY Schatz GR Supra GT 菅波冬悟/野中誠太 YH 3kg 33Laps 60
244 HACHI-ICHI GR Supra GT 佐藤公哉/三宅淳詞 YH 33kg 62Laps 31

レースのおさらい

ウェット路面でSCからスタートする。路面が乾き始め、9周目にピットインしドライタイヤへ交換と給油するマシンが現れるとその後、他車もピットインしていく。全車が1回目のピットインを終えると4号車初音ミクAMGがトップを快走する。レース中盤は、に各車2回目のピット作業を終えると4号車-10号車ポノスGT-R-65号車レオンAMG-11号車タナックスGT-Rの順となるが、65号車は蒲生選手が体調不良で出走できず間もなくリタイアとなる。(67周までに赤旗終了となれば完走、ポイント獲得となることに掛けた。)66周目に25号車の火災でレースが中断になると天候は雷雨に。再開時にレインタイヤに交換することが認められてレースが再開され、トップ争いは4号車-10号車-11号車の順。以下各車周回を重ねていく。残り13周になるとスリックタイヤに交換する車両が現れる。残り10周でタイヤ交換とステイに分れ終盤戦に、ステイでは61号車スバルBRZがトップに立つが残り2周で11号車が逆転して優勝、ファイナルラップの後半で7号車スタディBMWが2位、6号車ドゥーボットR8が3位に上がりフィニッシュ。適切なタイミングでタイヤを交換した3台が表彰台にあがった。レース後、7号車はステイのほうがよかったかもとコメントしたが選手権を優先し、パンクのリスクを回避したようだ。これで荒選手が選手権リーダーとなった。

次戦の動向

次戦は、8月26日・27日に鈴鹿サーキット、450kmで争われる。比較的ウェイトが軽いマシンが有利になるが、レース距離が長いの上位ランクのマシンも粘り強くラップダウンされずに走れば上位フィニッシュも可能となる。シリーズ前半を終えて、ミスが少ないチームが上位にいるので上位のチームがシリーズを優位に進めていきそうです。

注目車両
1号車 マレリZ 去年のチャンピオン SW 36kg
16号車 ARTA NSX レースペースは速いが少しミスがある。 SW 32kg
38号車 ZENT スープラ 立川選手の走りに注目 SW 26kg
10号車 ポノスGT-R 間違いなく速い SW 39kg
4号車 初音ミクAMG 前戦は痛いミスに泣いた。 SW 9kg
61号車 スバルBRZ 常に上位を走行。 SW 33kg

まとめ

今回は、SUPER GT 第4戦 富士 450km の正式結果とレースを振り返ってきました。次戦が楽しみですね。
最後までお付き合いありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

参考 SUPER GT 公式ホームページ

画像引用 AUTO SPORT WEB 公式ホームページ

関連記事はコチラ↓↓
>>SUPER GT 第4戦 富士 予選速報
>>SUPER GT 第4戦 富士 決勝速報

広 告


>>カババの申込みはここをクリック 

愛車の売却考えていませんか?
新しい車を買いたい。乗りたかった車を買いたい。その他の理由で愛車の売却をお考えなら。

自動車フリマ「かばば」なら下取り・一括査定よりも高く売れるかもしれません。

「かばば」なら安心してあなたの愛車を売却できます。

1, 他社の査定より高く売れる(カババ平均実績55万円)
カババは出品者にかかる手数料が最低限
出品手数料 \0
出品キャンセル \0
成約手数料 \0
所有権解除手続き代行 \16500円(税込み)
所有権解除手続き代行 \19800円(税込み)(残一括処理)

2, データをもとに一番高く売れる予想価格をプロが算出
出品時に鑑定士が鑑定、相場情報を開示して、出品価格を決められます。
出品時に他社査定額と同額を提示できるかを提携買取会社が算出します。OKならその査定額は30日間有効です。

3, 個人売買の心配事はプロにお任せ
出品から引き渡しまでカババがサポート
お車の確認・査定・撮影・出品代行
出品を途中でキャンセルしてもペナルティはありません。
購入希望者からの質問もカババが代行
成約時にお客様ご自身または整備士が点検し、その後取引を進めます。
(成約前の整備士による点検・整備 別途有料)
出品しても売れるまで乗り続けることができます。
成約してからの手続き、お車の引渡し・入金までをサポート

>>カババの申込みはここをクリック 

カババ ユーザーアンケート
利用満足度 97%
また利用したい 97%

コメント

タイトルとURLをコピーしました